職業によっては子育てに協力的です

子育てしていると緊急の呼び出しがある場合があります。通常の会社員だと就業規則の縛りがあり、急な呼び出しなどがあった場合でもすぐに駆けつける事はできない場合がほとんどです。しかし職業によっては、時間を振り替えてもらったりしやすい職業があります。その中でも自営業と看護師や薬剤師などの医療関係者は子育てにはたいへん優しい職業です。ここでは自営業と医療関係者のメリットやデメリットを見ていきたいと思います。

自営業について知ろう!

自営業だと文字通り自分が社長となって仕事をします。そのため子供が怪我や病気をした場合でも取引先に納得してもらえばすぐに子供を迎えに行く事ができます。しかしデメリットもあります。一般の会社だと必要に応じて他のスタッフが仕事を代行してくれる場合がありますが、自営業だと自分一人ですべての仕事をしなければいけません。そのため子供の急用で遅れた仕事は後で全て自分で遅れを取り戻す必要にあり、後っ大変になりますよ。

医療関係者について知ろう

看護師や薬剤師などの医療関係者も子育てに優しい職業です。医療法人によっては院内に保育園があり、そちらがある場合には見てもらえます。子供が怪我や病気をした場合には比較的有給が取りやすいです。周りにはスタッフがたくさんいるので、フォローもしてもらえます。夜勤があるスタッフの場合には昼間は子供の面倒を見る事ができます。周りにも子育てしているスタッフが多く、その際には自分もフォローに入る必要があるので全てを把握しておく必要がありますよ。

シングルマザーの仕事の魅力として、これまでの社会経験をうまく生かしながら、子育てと両立できることがあります。