薬剤師の派遣のメリット?

働く主婦やまだ子供が小さい共稼ぎの夫婦では、生活にゆとりがなくどうしても子供中心になりがちです。派遣社員のメリットは派遣先の店舗にあまり気を遣うことがありません。通常社員の薬剤師ならば、時間になつて帰ろうとしたらお客さんが入ってきて帰ることができなくなったり、会社の運動会や宴会に無理やり誘われたり、本来は出たくないイベントに社員と言うことで参加しなければなりません。派遣の薬剤師はそんな心配はありません。有給休暇や育児休暇も問題なく請求できます。

高額時給で短期長期勤務が可能

薬剤師の派遣は、なぜ高い収入が得られるのか、それは店舗で薬剤師を社員として雇えば福利厚生費や保険、ボーナスや退職金まで支払わなければならなく、派遣の社員の場合は、短期でもある程度長期で依頼することができ会社としての負担は、少ないと考える店舗が派遣を依頼してきます。派遣で働く薬剤師は資格もありニーズも高く期間も決まっていて短期間で高額収入が得られます。薬剤師としての仕事としては個人で探して働くよりメリットがあります。

定休日や有給休暇などの自分の要望を聞いてくれます。

派遣と聞くと、有給休暇の取得や、定休日の指定、希望勤務時間などをなかなか受け入れてくれないと思う人がいるかも知れませんが。全く逆で派遣だから要望どうりになります。もちろん仕事をきちっとしてないと問題がありますが。店舗へ社員として働くより希望どうりのシフトで働けます。土日休みで曜日も選べて、短期、期間限定ok、引っ越し代会社負担、中にはタクシー交通費負担などの派遣もあります。勤務条件や収入の面で最高の仕事です。

薬剤師の派遣では、会社全体で積極的に研修や資格取得に促してくれるので、資質向上ができ働き甲斐があります。